忍者ブログ
「笠山荘から お知らせと周辺情報のご案内」

田原市内、豊橋市内の工業地区へ出張に便利な ビジネス旅館・笠山荘
〒441-3403 愛知県田原市浦町北浦177/ TEL : 0531-22-4815/FAX: 0531-22-4264

BLOG-Top   HOME 1  2  3  4  5  6  → Next
今日の夕食は刺身の盛り合わせです。
その中の一品を「シラウオ」にしました。
形も鮮度も良いです。
「シラウオ」は臭みが全くないのに、旨味は濃く
後味の良い魚です。

最近は「しらす」と呼ばれるイワシ類の稚魚も「シラウオ」も「小女子」も、
どれもこれも不漁です。
不漁のため「シラウオ」は例年の1・5倍の値段がついていました!
一体、海の中はどうなっているのやら?
と嘆きたくなります・・・
PR
いただきものの話ばかりで恐縮ですが・・・
天然物のワカメをいただきました。
ツヤツヤ肉厚です。

上の写真はワカメの根っこの部分「めかぶ」です。
とても粘りが強いです。
ここは粘りがすごすぎて、上手に細切りにできなかったので
包丁で叩いてみじん切りにしました。
量が少なくてお店では使えなかったので、まかないに。


こちらは葉の部分。
茎が太いので、茎と葉に分けて、
葉は味噌汁の具と酢の物にし、お店でお出ししました。

茎は佃煮にします。
量が少なかったので、こちらもまかないに。
コリコリした食感が楽しい。

渥美半島の太平洋側の海の恵みです。
口福なり。
イベリコ豚といえば
特別な血統で、どんぐりを餌とし、広大な牧草地で放牧飼育された豚
と定義されるのでしょう。
スペインでは「イベリコ豚」の定義が法律で定められているそうです。

でも「イベリコ豚」と名乗っても特別じゃないものもあるようで
今回仕入れたのは、その特別じゃない飼育の仕方のイベリコ豚。
とにかく脂まみれです。
ラードを間違えて買ったのか?と思うほどの脂にびっくりします。 
でもね、イベリコ豚は脂身が美味しいのです。
脂の質が日本の豚とは全く違います。
脂身なのに食感は火を通しても噛み応えがあり、
ジューシなのにとろけない・・・って感じでしょうか。
赤身も色が濃い。サシが入った臙脂色です。

今日はこんがり焼いた「豚串」にしてお出しします。
お楽しみに。


昨夜の雨と風は凄かったですね。
暴風警報も出て、まるで台風のようです。
今日は愛知県の公立高校の卒業式。
朝のうちは雨が残ったものの、時間が経つにつれ
お天気は回復し、現在正午頃はすっかり空は晴れ渡り
暖かい日差しが降り注いでいます。
旅立ちにふさわしいお天気となりました。
ご卒業おめでとうございます。

八朔をいただいたので
シロップに漬けてみました。
そのままでも十分美味しいのですが
甘み控えめのシロップに浸けると
酸味が和らいで、まだ別の美味しさになります。
今日の夕食デザートに添えます。
柑橘系も旬があり、季節が進んでいることを感じさせてくれますね。
八朔の次は、甘夏や夏みかんの出番です。



春は貝が美味しくなる季節です。
今日はタイラギを仕入れてきました。
お刺身にして、皆さんに召し上がっていただきます。

タイラギは30センチ以上にもなる大型の二枚貝です。
貝殻は帆立貝のように丸くはなく、黒みがかった三角です。
主に貝柱を食べます。(地域によってはヒモも食べます。)
笠山荘では貝柱だけを生でお出しします。
ホタテのように弾力のある柔らかい食感ではなく、
コリコリ、ツルツルした食感です。

今日は、朝から暖かかったですね。
三月下旬並みの暖かさだとか。
蕾まだ固い桜も「おや」っと慌てたことでしょうね。

笠山荘の玄関に植えてあるパンジー達も
今までは寒くて花びらを縮めていましたが、
最近はのびのびと花びらを広げて
暖かい空気を堪能しているように見えます。
Calendar
04 2018/05 06
S M T W T F S
2
6 10 11 12
15 16 19
23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
ビジネス旅館・笠山荘 Mail

ビジネス旅館・笠山荘 QRcode
Copyright © 2005-2010
Kasayamasou Allright reserved
忍者ブログ / [PR]