忍者ブログ
「笠山荘から お知らせと周辺情報のご案内」

田原市内、豊橋市内の工業地区へ出張に便利な ビジネス旅館・笠山荘
〒441-3403 愛知県田原市浦町北浦177/ TEL : 0531-22-4815/FAX: 0531-22-4264

 
b3b45bf9.jpg



























 



本日の中日新聞の一面に 先代の「凧作り」の記事が載りました。
毎年この季節になると、テレビや新聞の取材を受けます。
「初凧作り」は春の歳時記になりつつあります。
今年は一面に載せていただき先代も感動していました。
 
五月の凧祭りの納期まで忙しい毎日を過ごします。
 
a5e362d5.jpg





























 


今日の小鉢は畑の「なばな」を摘んできて
芥子醤油のお浸しにしてみました。
「なばな」と「菜の花」は違います。
「なばな」は茎も葉っぱもしっかりしていて緑色が濃く、
花が咲いても「菜の花」のように黄色くたくさんの花はつきません。

この「なばな」は脇芽をかき取って食べるので
畑の隅に数本植えておけば
長い期間楽しむことができます。
茹でて良し、炒めて良しの
あぶら菜科の特徴のほろ苦さが美味しい野菜です。

 
PR
 もう今日は21日。今年も残すところあと10日。
明日は子供達の終業式です。
焦ります、焦ります・・・
年賀状も大掃除も何もかもまだまだです。

そんな私の気持ちはどこ吹く風・・・
笠山荘・先代の描いた勇壮な武者絵の田原凧が
蒲郡信用金庫・北田原支店の店内を所狭しと舞っています。
e7ecc6d9.jpg






















赤、青、黄色の原色を多用する祝い凧は、鮮やかで
見た者の気持ちを高揚させます。
e34df50c.jpg






















蒲信のキャラクター、アンパンマンも
まるで 凧を眺めているようです。
3b4f7ee9.jpg






















毎年この季節になると、どこかからお声が掛かり出張していく凧達。

空き地がなくなり、電線も多くなって
なかなか凧揚げすることができなくななりました。
でも凧を見ると「お正月」を連想する私達。
DNAは脈々と続いているのかしら?

来年3月の誕生日には79歳になる先代。
これからももっともっと頑張ってもらって
伝統の凧を継承していって欲しいです。
a3d644c7.jpeg

 




この色鮮やかな凧は 笠山荘の先代店主が描いたものです。

大きく色鮮やかな凧は部屋に飾っても素敵です。
が、青い空に舞う大凧の勇姿はそれはそれは見事です。ついつい大きな口をぽかんと開けたまま見入ってしまいます。そして時間が経つのをわすれてしまいます。 
今から20数年前「凧の絵を描いてみないか」と誘われ、
絵師の世界へ足を踏み入れた先代。
やると決めたら、とことんこだわり、のめり込むのが先代の性分。
絵の上手な方に教えを請い、日本各地の凧の絵師と交流し技術を磨き、
歌舞伎絵も研究しました。描いて描いて描きまくりました。

「わしの凧は大空に揚げたとき、絵がぐわぁっと前にせり出てくるだよ。
染料を使って描くもんで、光が透けてそう見えるんだわ。」
と、言います。

絵筆などの道具、染料、紙にもこだわりがあります。
染料は青森のねぶたの絵師が使うものを取り寄せています。
何歳になっても「よりよいものを描きたい」と追求する姿勢には頭が下がります。


さいごに・・おまけ
この写真の凧に書かれた「祝 耀(ひかり)」の文字は
あの片岡鶴太郎さんに書いていただいたものです。
5年ほど前、TV番組の取材でうちの凧工房におみえになり
先代と二人で凧の絵を描いていかれました。
そのときに、鶴太郎さんに無理にお願いして
名前を入れていただいたものです。家宝です。
Calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
ビジネス旅館・笠山荘 Mail

ビジネス旅館・笠山荘 QRcode
Copyright © 2005-2010
Kasayamasou Allright reserved
忍者ブログ / [PR]