忍者ブログ
「笠山荘から お知らせと周辺情報のご案内」

田原市内、豊橋市内の工業地区へ出張に便利な ビジネス旅館・笠山荘
〒441-3403 愛知県田原市浦町北浦177/ TEL : 0531-22-4815/FAX: 0531-22-4264

BLOG-Top   HOME 1  2  3  4  5  → Next
「笠山荘の食材はすべて頂き物か?」
と思われるほど、
農業が盛んな土地柄のおかげで
色々なものを大量に頂きます。
有難く調理させていただいております。

今回はトウモロコシを頂きました。
小柄ですが、甘みが強くて昔ながらのトウモロコシの味がします。
粒をひとつづほぐして、
コーンコロッケにします。
まずはホワイトソースから。
小麦粉、バター、牛乳、塩コショウだけの
材料でシンプルに作ります。
揚げたときに、爆発しにくいように
少し硬めに仕上げます。
そこにトウモロコシを投入します。
冷蔵庫で冷やし、冷めて固まったら、丸めて
小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけていきます。
170~175度の油で4~5分ほど
衣が破れないよう気を付けながら揚げます。
これで、出来上がり。

ホワイトソースにコンソメやベーコンの旨味を入れ
コクを出してもいいのですが、
今回はあえて入れずに。
牛乳とバターの風味が前に出て
「クリーミィ」というより
「ミルキィ」なお味になりました。
この「ミルキィ」さがトウモロコシの甘みを
優しく包みます。

何もつけずに食べてもいいですし、
ウスターソースで食べても美味しいのですが、
ケチャップもなかなかオツです。

手間はかかりますが
クリーム系のコロッケはやめられませんね。
PR



本当に暑い日が続いています。
今夜のニュースでは「命の危険のある暑さ」と表現していました。
体温以上の気温です。尋常じゃありません。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

さて、今夏初のゴーヤ料理。
暑い夏には、この苦味が嬉しいです。
ゴーヤを半分に切って
中のワタをスプーンで綺麗に取ります。
1〜2ミリの厚さにスライスします。
軽く、塩で揉んでから茹でます。
冷水にとり、よく絞ります。
ボールにごま油、ラー油、白だし、炒りゴマを入れ
ナムルのタレを作ります。
タレの中に、先程の絞ったゴーヤを投入。
ゴーヤのナムルの出来上がりです。
ナムルの上に、ささみで作った「鶏ハム」を添えて
今夜の夕食の小鉢にお出しします。

ゴーヤの苦味、ラー油のピリッとした辛さと鶏ハムの旨味が好相性。
ビールが進むこと間違いなし!
ベースが白ダシのナムルですので冷酒にもGOOD !!!
ぜひお試しください。
 
 

鯵の子供、豆アジが店頭に並ぶようになりました。
夏です。夏到来!
まだ、三枚におろせるほど大きくないので
頭と腹ワタを取って
片栗粉をまぶして
160度の低温でじっくり揚げて、その後仕上げに180度の高温でカラッと仕上げ。
今日は南蛮漬けにします。
甘酢を作って、シンプルに長ネギの千切りと漬け込みます。
盛り付けの最後に黒胡椒を振って、お出しします。

話変わって・・・
先日、大量の青じそを頂いたので、
それをみじん切りにして
太白ごま油にひたひたになるように漬け込みました。
たったこれだけ。「超簡略青じそジェノベーゼ」(笑)
これが思いの外使えるのですよ。
まずは太白ごま油が生食でも美味しい。癖なくさらっとしてほの甘い。
ここに青じその風味が加わるのだから・・・
この美味しさ、これ以上書く必要はないよね。
「超簡略青じそジェノベーゼ」をあらゆるものに乗せちゃいます。
冷奴、南蛮漬け、ローストした肉、刺身etc.
幸せな食卓になりますよ〜ぜひお試しを。
痛みやすい青じその大量消費にはもってこいです。

茄子が美味しくなって来ました。
うちの畑でもじゃんじゃん収穫中。

そんな茄子を今日は翡翠揚げにして、白ダシ汁に漬けました。
丸ごと茄子に切れ込みを一本入れて、丸揚げします。
切れ込みは、油はね防止のため。
油の中でくるくる茄子を回し、満遍なく茄子に火を入れます。
揚がった茄子を取り出し、冷水につけて皮を剥きます。
丸剥きしたら、あらかじめ作っておいたダシ汁の中に投入。
めんつゆですと、色が濃くて茄子の色が台無しになるので
ここは白ダシで。茄子の翡翠色が綺麗です。
冷やしてから、鰹節、生姜、ネギなどの薬味を添えていただきます。

私の好きな茄子料理・・
1位 茄子の翡翠揚げ浸し
2位 麻婆茄子
3位 茄子の油焼き
無限ですね、茄子料理って。順になんてつけられない。
茄子プラス油の組み合わせは最高です。
でもね、茄子の天ぷらだけは・・あんまり好きじゃないのですよ。
皆さんはいかが?


夕食に、何度も何度も作っては、お出ししているメニューがあります。
その1つ「手羽先の唐揚げ」・・名古屋飯風に言えば「手羽先」。
笠山荘の人気メニューです。
個人的にも大好き。手羽先LOVE。
宿泊しないあなたにも食べて頂きたい。
もう店頭販売したいくらいです。

つくりかたは・・・
手羽先に米粉と小麦粉を混ぜた粉をまぶし
じっくり、鶏皮がカラッとなるまで揚げ(二度揚げします)
それを醤油、味醂、にんにくを煮詰めた甘辛の特製手羽ダレにくぐらせる。
これだけ。

鳥の皮と身の間に手羽ダレが染み込んで、美味い!
指が、油とタレでベタベタになっちゃうけど、やめられない。
次々手が伸びる〜
骨を分解、バラバラにして、かぶりつきで召し上がれ。
写真は、二度目の揚げに向かってスタンバイ中の手羽先達。
Calendar
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
ビジネス旅館・笠山荘 Mail

ビジネス旅館・笠山荘 QRcode
Copyright © 2005-2010
Kasayamasou Allright reserved
忍者ブログ / [PR]