忍者ブログ
「笠山荘から お知らせと周辺情報のご案内」

田原市内、豊橋市内の工業地区へ出張に便利な ビジネス旅館・笠山荘
〒441-3403 愛知県田原市浦町北浦177/ TEL : 0531-22-4815/FAX: 0531-22-4264

BLOG-Top   HOME 1  2  3  4  → Next
彼岸の入り。
空気はすっかり秋の乾いた空気に。
道端では彼岸花が咲き出しました。
暦通りに咲く彼岸花。
草ぼうぼうの中で健気に咲こうとしている彼岸花。
ありがとう。
PR

ホームページのトップページでもお知らせしましたが
来月の10日から始まるトヨタ自動車の長期連休。
連休中の笠山荘は大変込み合います。
残室が1室しかない日も、すでにございます。
ご宿泊をご検討中のお客様は、
お早めにお電話いただけるようお願いいたします。

お部屋をご用意できなかったお客様には
大変ご迷惑をおかけします。
申し訳ございません。


それにしても暑いですね。
本日の予想気温は34度。
西風が吹くのが、せめてもの幸いです。
湿気を含んだ南風だったら・・大変なことです。
こんな日はキリッと冷やしたメロンで一服。

田原市はメロン王国。
安価で美味しいメロンを入手することができます。
道の駅でご購入できます。メロンショップも市内に点在しています。
今が旬のメロン、ぜひお求めください!
6月24日の記事に書きました 「蝶々の幼虫とのイタパセ争奪戦」は
彼らの食欲がすごく、もうイタパセは丸坊主になってしまいました。
どうするんだろう?彼ら・・・ 敵陣に塩を、いやパセリを送るべきか?


先日、経営コンサルタント・日野眞明先生の
ホームページ制作部門「アッと@ホームページ」の
「導入成功事例・お客様の声」の欄に
掲載していただきました。
こちらをご覧ください→http://www.more8.com/athp/

日野先生とホームページについては、また書くことにします。
今日はこれから丸坊主のイタパセ対策について、考えます。

桃の季節になりました。
桃、大好き。幸せです。
産毛に覆われた手触り、丸み、傷つきやすい繊細さ。
甘くジュワッと滲み出る果汁。桃だからこその香り。
生の桃の味わいは、目でよし、手触りよし、鼻によし、口にも美味し。
桃は古来より邪気を払う果物と言われています。
早速、邪気払いしながらいただきます。

今日の話題は
「世の中には 自分に似た人が3人いる」という話。
ご自分に似た方にお会いしたことはありますか?
笠山荘には
EXILEのHIROさん、お笑いの博多大吉・華丸の華丸さん・・・
に似た方がお泊まりです。
ふふっ・・・
私の高校時代の同級生と
卒業後30何年かぶりに再会し、意気投合して
その後、濃くおつきあいさせていただいています。
彼女は私にとって、まるでメンター(人生を導く師)のような存在です。
そんな彼女が、経営コンサルタントの先生を紹介してくれました。
最初は「私がケ・イ・エ・イ???」なんて感じで
ピンとこなくて、消極的だったのですが。
その先生、日野眞明先生のお人柄と、
ピカピカに磨かれた靴を履き
ビシッとスーツを着こなした姿、
経営について考えたこともない経営者を
歯に衣着せぬ物言いで問題点を指摘し、
時には優しく飴を差し出すが如く、
叱咤激励するテクニックに
やられてしまいました。魅了されてしまいました。

日野先生とのご縁で、笠山荘のホームページを見直し、
サボりにサボったブログを再開することに至ったわけです。
日野先生主催の経営勉強会があります。
私は2回行きました。
テーマが身近で、
参加者が少人数なので講師と双方向のやりとりができ、
おまけにゲスト講師が一流。
垂涎ものの勉強会です。
迷える子羊のような中小企業経営者を、
成功へと導いてくれる勉強会です。
ご興味のある方は、ご一報ください。
勉強会へ参加できるようご案内いたします。
友人がご縁を繋いでくれたように
私もご縁をお繋ぎしたいと思います。

今日の写真は
三河港大橋北側から蔵王山方向を撮ったものです。
まだ厚くて重い冬の雲です。夕日の色も濃くて。
赤信号を待っている間見惚れてしまいました。
真ん中に横たわる雲が肉眼で見ると
まるで龍が横たわっているようなんです。
「ラッキー」って小さくつぶやいてしまいました。
Calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
ビジネス旅館・笠山荘 Mail

ビジネス旅館・笠山荘 QRcode
Copyright © 2005-2010
Kasayamasou Allright reserved
忍者ブログ / [PR]