忍者ブログ
「笠山荘から お知らせと周辺情報のご案内」

田原市内、豊橋市内の工業地区へ出張に便利な ビジネス旅館・笠山荘
〒441-3403 愛知県田原市浦町北浦177/ TEL : 0531-22-4815/FAX: 0531-22-4264

BLOG-Top   Back ← HOME 339  337  336  335  334  333  332  331  330  329  328  → Next
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甘夏
a26370c3.jpeg
























世の中は ゴールデンウィーク。
テレビをつければ、海外への出国ラッシュで空港は大賑わいとか
新幹線下りは満席、高速道路は○○キロの渋滞とか・・
そんなニュースばかりですね。

笠山荘は ゴールデンウィークのような長期連休は
休業している工場の点検、整備に入るお客様で賑やかです。

さて 今日の話題は「甘夏」。
沿岸部に柑橘類の産地が多く、この田原市も温州みかんを栽培してる方も多いです。
また庭先に甘夏や八朔、文旦などが植わっているお宅も多く見かけます。
我が家もご多分にもれず 甘夏の木があります。
何の手入れもしないのに 毎年たわわに実をつけてくれます。
ただ酸味が強いので そうそう食べられず、
かといってマーマレードにしても そうそう消費せず・・
畑の肥やしとなる事が多かった甘夏。
d3035b68.jpeg
 





















でも今年は違います。
八朔の缶詰があることを知り
「ならば甘夏もシロップ漬けにしてみたらどうか」と思いつく。
さっそく 庭の甘夏をどっさり20個くらい とって来て
ひたすら皮を剥いて剥いて・・
白ザラメ1 : 水1.5 の割合で鍋でシロップを作り
(甘夏がひたひたになる量の分量で)
熱々のシロップを皮を剥いた甘夏にざっとかけます。
(甘夏をシロップの中で煮なくてよいです)
粗熱が取れたら 冷蔵庫に入れて冷やします。

「わざわざ旬の果物を砂糖漬けにすることはないだろう」
と思われる方もいっらしゃるでしょう。
でも 酸味の強い甘夏を砂糖で幾分まろやかにすることで
本来の甘夏の美味しさを もっと引き出すような気がします。

これは私の自己満足だけではなかったようで、
笠山荘の朝ご飯のバイキングメニューの一つに
冷やした甘夏のシロップ漬けを お出ししていますが、
とっても好評です。
酸味と甘みと苦みのハーモニーが
気分をシャキッとしてくれます。

みなさんも甘夏が手に入ったら
是非、試してみて下さい。

私は甘夏の小袋を 一つ一つ剥きましたが
温州みかんの缶詰は、
どうやって小袋を剥いているかご存知ですか?
それは「塩酸」で溶かすのですよ!!
みかんの名産地の三ヶ日町の農家の方がおっしゃった
ほんとうの話です。
 
PR
Calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセス解析
ビジネス旅館・笠山荘 Mail

ビジネス旅館・笠山荘 QRcode
Copyright © 2005-2010
Kasayamasou Allright reserved
忍者ブログ / [PR]